好奇心からすべて始まる。。。まさに「久保田二郎」!